海外から見た日本の不思議

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

国によって治安はバラバラですが、よく海外の人から言われるのが、どうして日本では自動販売機が破壊されないのか?という疑問を抱く人は結構多いそうです。

自動販売機は何処にでもある感覚ですよね?でも海外では自動販売機を置いていたら壊される感覚だそうです。売っているのも様々ですし、ジュースやミネラルウォーターはもちろんですが、タバコや新聞、乗車券、食券、電池等本当に様々です。

これには海外の人もビックリでしょうね。でも今の日本で自動販売機が無くなったら大変です。例えば近くにスーパーやコンビニが無くても行くしかないですし、彼女やデリヘルで女の子を呼んでも、飲み物やコンドームも自動販売機が近くにあるから今は助かっていますけど、無くなったら大変です。日本でよかったです。

パリにメイド喫茶

花の都、パリ。凱旋門にシャンゼリゼといった名所ばかり・・・女の子の憧れの街ではないでしょうか?ちょっと僕は地理に詳しくないのでシャンゼリゼと聞いて昔の特撮のシャンゼリオンしか出てきませんwシャンゼリオンは凄かったなぁ。次郎さんというスーツアクターさんが居るんですが、そのシャンゼリオンのスーツはアクション用では40キロもあり静止画用のスーツは100キロもあるんですよ。

普通の人が着たら首の骨を折ってしまうような代物ですがそれを着て海岸に立つシーンの撮影に次郎さんは見事耐え抜いたんですね。凄いぜ!次郎さん!次郎さんは仮面ライダーBLACKのシャドームーンのスーツアクターでも有名なんですよね。シャドームーンはメチャクチャ格好良いダークヒーローでサタンサーベルという武器で敵を薙ぎ倒していく銀色の戦士・・・いやー格好良い!すばらしいですよね。

そういや、何の話でしたっけ?そうだ!パリの話だ!そういや最近パリにメイド喫茶が出来たんですってね。しかし、パリの人はしかめっ面で困惑している様子。やはり、日本の文化とパリの文化には違いがありますよね。パリでは流石にメイド喫茶は受け入れられにくいでしょうwwwやっぱりパリでも通用するのはデリヘルだけでしょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。